誰でも弾ける!エレキギター入門講座 ~初心者でもわかりやすい、ギター講座~

自分に合ったエレキギターの選び方から写真を使ったわかりやすい演奏講座まで、ギター初心者の方をサポートします!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡単メンテナンス エレキギターの保管方法


間違った方法でエレキギターを保管しているとエレキギターのコンディションが変わってしまいます。
場合によっては修理に出さなければいけなくなるような状態になるかもしれません。

そういったことを未然に防ぐためにも、「エレキギターの正しい保管方法」について解説していきます!



  保管する上で絶対にやってはいけないこと

正しい保管方法を覚える前に、まずは「間違った保管方法」を覚えましょう!
エレキギターの寿命を縮めてしまう原因はこれだ!

【壁に立てかけておく】

壁に立てかけておくのはもちろんNG
倒れてしまったり、ギターに負担がかかってネックが反る原因にもなってしまいます。
【直射日光の当たる場所におく】

これももちろんNG。
エレキギターが乾燥して塗装がひび割れしたりしてしまいます。

サウンドにも影響が出てくるので直射日光はもちろん、スポットライトの光が直接当たる場所に置くのも避けましょう。
【扇風機やエアコン、加湿器の近くにおく】

エレキギターを保管する上で一番重要になってくるのが湿度の変化です。

木材が湿度により伸縮するため、ネックが反ったりエレキギターの鳴りが悪くなったり・・・といったことが起こりやすいためNG。



  エレキギターの正しい保管方法

「エレキギターはなるべくケースの外に出して外気に触れさせた方が良い」と言う方がいれば「ハードケースに保管して湿度を保っておいた方が良い」という方もいます。

間違った保管方法はありますが正しい保管方法に決まりはありません。

下記にギタースタンドやギターハンガー、ハードケースを使用しての保管方法のメリット・デメリットなどをまとめてみました。 自分で使いやすい「保管方法」を見つけてみてください。

【エレキギター用のハードケースを使用する】

エレキギターはボディからネック、ヘッドまでほとんどが木材で出来ているため、湿度の変化に敏感です。

ハードケースに保管していると一定の湿度を保つ事が出来るため、エレキギターへの負担を減らす事が出来ます。
一般的には50%くらいの湿度で保管すると良いと言われています。

湿度の調整には「湿度調整剤」をハードケースに入れるだけでOKです!湿度が高いとき名水分を吸収し、湿度が低い場合は水分を放出して湿度を保ってくれます。

また、ハードケースで保管すると傷が付にくくキレイな状態を保つ事が可能ですが、ハードケースを持っていないので新たに買わないといけない、毎回ハードケースに入れたり出したりするのが面倒、場所を取る。といった問題点も出てきます。


【エレキギター用のスタンドを使用する】

スタンドといってもギターを立てるようにしておくスタンドや、壁にかけるハンガータイプのもの、ボディの部分を固定して倒れないようにしているスタンドなど・・・様々な種類があります。

スタンドを選ぶときは、エレキギターを手に取りやすいものを選ぶのが良いでしょう。

ハンガータイプは見栄えも良く場所を取りませんが、固定しているため移動が困難。 スタンドタイプは移動が楽ですが、場所を取りエレキギターを倒してしまう危険性が大きくなります。

どちらも一長一短といったところですが、私がお勧めするのは壁かけるタイプのギターハンガーです。 (文字通りハンガーの形をしたギターハンガーもあります。)

壁に直接ネジを差す必要があるので借家住まいの方は難しいと思いますが、場所を取らずエレキギターを飾りながらコンディションを保てるというところはやはり魅力があります。
「ギター弾けるぜ!」というオーラがぷんぷんするところもいいですね!

※エレキギターがラッカー塗装の場合、ギタースタンドのゴムの部分が化学反応で溶けてギターに付着したり塗装が変色する場合があります。 塗装面とエレキギターが接しているところにはクロスなどを当てて保護するか、他の材質を使用しているスタンドを選びましょう!



  日頃のメンテナンスが一番重要

dadario.jpg どんなに高いエレキギターを購入してもいい加減に扱って入れば、コンディションが変化しやすくなります。

逆に考えれば、安いエレキギターでも日頃メンテナンスをちゃんと行っていればトラブルを未然に防ぐことが出来るという事です。

※数日~数週間使用しないという場合は、キレイに汚れを落とした後に専用のケースにいれて直射日光の当たらない場所に保管して湿度を保ちましょう。



お勧めの商品
border1.png

dotted.gif


毎日ちゃんと弾いてあげることでコンディションンを保つ事が出来ます。
日頃のメンテナンスと同時に毎日エレキギターを弾く習慣を身に付けましょう!

「エレキギター簡単メンテナンス」に戻る back

【関連記事】
◎ ホコリ・汚れの落とし方
◎ 弦の交換時期
◎ 正しい弦の交換方法
◎ 弦は毎回緩めた方が良い?

管理人について

自画像
プロフィール

管理人もう1つの顔?!
練馬区江古田駅徒歩2分!
楽器の買取と中古販売店!
「GARAGE STORE」

 

bar001

 人気ページランキング

エレキギター弾き方講座
エレキギターとアンプの接続方法
初心者におすすめの練習曲
TAB譜の読み方
エレキギター入門講座 ブリッジ・ミュート
簡単メンテナンス フレットの磨き方
ピックの持ち方
エレキギターの持ち方
漫画で覚えるエレキギター
10 簡単メンテナンス シールドの正しい巻き方
最終更新日 2013/07/10

bar001
 あると便利なアイテム


超小型チューナー!画面がオレンジに光るので、薄暗いライヴの演奏中でも大活躍間違いなし!


弦のサビの進行を遅らせる効果とクリーナー、潤滑剤の役割もあるスグレモノ!半年は持ちます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。