誰でも弾ける!エレキギター入門講座 ~初心者でもわかりやすい、ギター講座~

自分に合ったエレキギターの選び方から写真を使ったわかりやすい演奏講座まで、ギター初心者の方をサポートします!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレキギター講座 プリング・オフ

今回もピックを使わないで音を出す事が出来るテクニックをご紹介します!

前回の弦を叩くようにして押さえる「ハンマリング」に対して、今回は弦を引っ掻くように離して音を出すテクニックです。
かなり奥が深いテクニックなので習得するのにはかなり時間がかかります。
(恥ずかしながら、私もまだまだ試行錯誤を繰り返して練習している状態です・・・。)

ここでは、「プリング・オフ」について解説していきます!


プリング・オフ
 「プリング・オフ」

ギター講座TAB譜
【デモ演奏】


ハンマリング・オンとは相対的に弦を引っ掻くように弦を離して音を鳴らすテクニックです。
ピッキングをしないで音を出す事が出来るテクニックなので、滑らかに演奏する事ができます。

プリングプルと略される場合が多く、譜面ではプリング・オフ(pulling off)の頭文字「P」で表記されます。


プリング・オフ 練習フレーズ(1)
 「プリング・オフ 練習フレーズ(1)」

目標テンポ♪=120

【デモ演奏】


プリングを使用したリズムを鍛える練習フレーズです。
1小節進むごとに段々速くなって難易度が上がっていきます。

一番の難関は、1拍に3回音を出す「3連譜」を使用した3小節目!
ここでリズムが崩れやすいので注意しながら練習していきましょう!

ギター講座TAB譜 【フィンガリングの解説】

まずは、人差指で5弦5フレットを押さえて待機しておきます。

このフレーズでは人差指を離すことはありません。
ノイズが出ないようにミュートを行いつつ、しっかりと押さえます。

OKですね?
そしたら薬指で5弦7フレットを押さえてピッキングをします。
ギター講座TAB譜 弦を鳴らしたら5弦7フレットをプリングして5弦5フレットの音を出します。

弦から指を離すだけだと音が出にくく、ピッキングをして出した音より小さくなってしまいます。

最初は思うようにプリングの音が出ないかもしれませんが、音の大きさにバラつきが出ないように意識しながら練習してきましょう!
ギター講座TAB譜 プリングのコツですが、指を立てて、1弦側に引っ掻くようなイメージでやるとうまく行くと思います!

2小節目は音符が変わり速くなるだけなので特に問題は無いと思います。

ではでは、このフレーズ最難関の3小節目に突入しましょうか!
ギター講座TAB譜 また出てきましたね。憎き「3連譜」のフレーズ。

前回のおさらいということでまた解説しますが、3連譜は一拍を三等分して演奏する音符のことです。

左の画像をご覧下さい。普通だと4分音符の中には8部音符が2つしか入らないのですが、3連譜の場合は8分音符が3つ入ります。
非常にややこしいリズムです。
ギター講座TAB譜 攻略法は前回と一緒で、「7575」「7575」・・・と4つの区切りで覚えるのではなく、「757」「575」「757」「575」というように、3つの区切りに変換して弾くようにすると覚えやすいです。

左のタブ譜のように頭の中で変換します。

そして、次の難関4小節目。
ここまでまで来ると、かなりスピードが速くなってきます。

基本的な指の動きは変わりませんが、「ちゃんとプリングの音が出ているか」「リズムが狂っていないか」「余計な音は出ていないか」という点に注意しながら弾いて行きます。

目標テンポを♪=120と設定していますが、指が追いつかない場合は無理にそのテンポで練習するのではなく、ミスをしないテンポ(♪=80など)まで落として練習するようにしてください。
速く弾くのではなく正確に弾きましょう!

check.png プリングをした後の音が、ピッキングをした音より小さくならないように注意して下さい。
指の無駄な動きを少なくするは凄く良いことですが、それによりプリンング後の音が小さくなってしまっては、元も子もありません。

ピッキングをした音とプリングで出した音の大きさに差がないようにしましょう!


       ■スポンサードリンク

プリング
 「プリング 練習フレーズ(2)」

目標テンポ♪=150
エレキギター講座TAB譜

【デモ演奏】


【速度2倍 デモ演奏】


ロックのソロなんかではよくみかけるフレーズです!
練習フレーズとして分かりやすいように、規則的な配置にしてあります。

2音ごとに弦移動を行うので、ミスピッキングをしたり余計な音が出ないように注意しましょう!

ギター講座TAB譜 【フィンガリングの解説】
1小節目の1弦8フレットを小指で押さえて音を鳴らします。この時点で1弦5フレットに人差指を待機させておきましょう。

指をガッ!って開くので、クラシック式のフォームの方が演奏しやすいですよ!

そして小指で1弦を引っ掻くようにしてプリングを行い1弦5フレットの音を出します。
ギター講座TAB譜 普段使い慣れない小指を使用して演奏するので、思うように動かなかったり余計な音が出たりリズムが狂ったりするかもしれません。

頭ではわかっていても、体が思うように動かないって事ありますよね。

そういう場合は小指強化練習フレーズで小指を鍛えましょう!
ギター講座TAB譜 人差指は押さえたままで小指を使ってプリングを繰り返すだけです。テンポは♪=150くらいで弾き続けることが出来れば上出来です!

あ、かといってこれだけ練習しまくるのはNGですよ!
小指に急激な負担がかかって腱鞘炎になる可能性が出てきます。

一日10分~15分くらい練習すれば十分効果があります。
ギター講座TAB譜 1小節目の2拍目に、このフレーズ一番の難関「弦移動」が出てきます。

1弦を押さえるときは人差指の先端を2弦に触れさせてミュートし、2弦を押さえるときは人差指のお腹の部分を使って1弦のミュートを行います。

上記の動作を行わなず(ミュートをしない)人差指で1~2弦を同時に押さえると2つの音が混ざって音の響きが汚くなってしまいます。
あえて音を混ぜる場合もありますが、ここでは混ぜないように意識しながら練習していきましょう!


ギター講座TAB譜 コツ チェック!
人差指の先端と人差指のお腹でのミュートで4~6弦のミュートは出来ますが、1~3弦まで行くとその2つのミュートだけでは全てのノイズを抑えることが出来ません。
(右手が4~6弦に触れたときにノイズが発生してしまいます)

1~3弦を演奏しているときは、人差指を使用したミュート+右手の手刀でのミュートで余計な音を出さないように演奏していきます。


スポンサードリンク
お勧めの商品
border1.png






dotted.gif

次のページでは、ハンマリングとプリングを複合させたテクニック「トリル」について解説します!

「ハンマリング・オン」 back  次に進む 「トリル」

【関連記事】
◎ ピックの持ち方
◎ エレキギターの持ち方
◎ ピッキングの基本フォーム
◎ フィンガリングの基本フォーム

管理人について

自画像
プロフィール

管理人もう1つの顔?!
練馬区江古田駅徒歩2分!
楽器の買取と中古販売店!
「GARAGE STORE」

 

bar001

 人気ページランキング

エレキギター弾き方講座
エレキギターとアンプの接続方法
初心者におすすめの練習曲
TAB譜の読み方
エレキギター入門講座 ブリッジ・ミュート
簡単メンテナンス フレットの磨き方
ピックの持ち方
エレキギターの持ち方
漫画で覚えるエレキギター
10 簡単メンテナンス シールドの正しい巻き方
最終更新日 2013/07/10

bar001
 あると便利なアイテム


超小型チューナー!画面がオレンジに光るので、薄暗いライヴの演奏中でも大活躍間違いなし!


弦のサビの進行を遅らせる効果とクリーナー、潤滑剤の役割もあるスグレモノ!半年は持ちます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。