誰でも弾ける!エレキギター入門講座 ~初心者でもわかりやすい、ギター講座~

自分に合ったエレキギターの選び方から写真を使ったわかりやすい演奏講座まで、ギター初心者の方をサポートします!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレキギター入門講座 エレキギターの弦の種類

エレキギターは弦の振動を電気信号に変換することにより音を出すことが出来る楽器です。
ボディの振動やピックアップの種類によってもサウンドが変化しますが、直接関係してくるのは弦の振動。

ですが、今現在かなり多くの種類のエレキギターの弦が販売されています。
その中でどのエレキギターの弦を買えばいいのでしょうか。

ここでは「エレキギター弦の種類」について解説します!



 「弦の種類」

ではでは、手元にあるエレキギターの弦を見てください!
1~3弦には針金のような弦がはってありますが、4~6弦はでこぼこした弦が張ってあると思います。

【プレーン弦】
芯線のみを使用した弦。
主に1~3弦に使用されています。

【ラウンド・ワウンド弦】
芯となる線(芯線)に巻線と呼ばれる線がぐるぐると巻かれている弦。主に4~6弦に使用されています。

最も代表的な形状で、軸となる芯線に巻線と呼ばれる弦が巻いてあります。

音の立ち上がりが早く、ブライトな音質で、サステインが得られやすいのが特徴です。
【フラット・ワウンド弦】
四角い巻き弦を使用して芯線に巻きつけることで表面がツルツルに仕上がり、滑らかに演奏する事ができるので、ラウンド弦のように弦を擦るようなノイズが発生しません。

芯のある甘いトーンに魅力があるため、ジャズ系のギタリストに多く愛用されています。
【ハーフ・ワウンド弦】
半円状の巻弦が巻かれ、ラウンド弦とフラット弦の中間的なサウンドになります。

ダダリオ社が独自に開発したハーフ・ワウンド弦が有名です。

上記で4種類の弦をご紹介しましたが、ハーフ・ワウンド弦やフレット・ワウンド弦はワウンド弦から派生したものです。
弦の種類を大きく括ると、芯線のみの「プレーン弦」と、巻線を使用した「ワウンド弦」の2種類になります。



 「弦の素材」

エレキギターではチョーキングやビブラートといったテクニックを多用するため、柔らかく切れにくい「鋼鉄(スチール)」が採用されています。

そして、巻き弦の代表的な素材がニッケルステンレスです。
どちらの素材も磁力反応が良いため、エレキギター弦として最も普及している素材です。

ニッケルは柔らかくサビにくいため、高品質の弦にはほとんどニッケルが使用されています。
また、ステンレスはニッケルと比較すると硬い素材で出来ているため、強度や耐久性に優れていますが音色はちょっと硬め。安価な弦によく使用されている素材です。



 「弦の太さ」

弦のパッケージを見るとこのような数字が書いてあると思います。
これは「弦のゲージの太さを表している数字」です。

ややこしいことに、この数字はミリ(mm)単位で記載してあるのではなく、インチ(inch)単位で記載してあります。(.009inchをミリに換算すると0.2286mmです)

太さが異なってくると、演奏性やサウンドに大きな影響を与えます。
音ヌケの良いカラッとしたサウンドを求めている方はゲージの細い弦を使う方が多いと思いますし、芯のある図太いサウンドが欲しい方は太いゲージの弦を使う方が多いと思います。


ではでは、代表的な3つの太さのゲージを紹介します!
それぞれにメリット・デメリットがあるので自分に合った弦のゲージを見つけてみてください。

エクストラ・ライト・ゲージ
(Extra Light Gauge)

.008~.038
エレキギターの弦としては最も細い弦です。
少ない力で弦を押さえることが出来るので、女性や初心者の方が多く使用しています。
シャープで立ち上がりの良い音色なので、カッティングなどを多用する方に向いています。

弦細いため、サビの進行が早く弦が切れやすいのが最大の欠点。強めにピッキングをしても切れる場合があります。

スーパー・ライト・ゲージ
(Super Light Gauge)

.009~.042
数多くのエレキギター採用されているごく標準的な太さです。
音の伸びもよく様々なジャンルでオールランドに使用することができますが、その中でもアルペジオやクリーントーンで演奏する方に向いています。

工場出荷時には、ほとんどこのゲージの弦が張られた状態で出荷されています。

ライト・ゲージ
(Light Gauge)

.010~.046
この太さのゲージも一般的に使用されています。
弦のゲージが太くなれば当然弦のテンション(張りの強さ)が上がるため、弦を押さえるのに慣れないと指の皮が剥けたりしてしまいます。

その分芯のあるサウンドになりブルースやロック、メタルといったジャンルのギタリストに多く愛用されています。

上記以外にも、ライト・ゲージより更に太い「ミディアム・ゲージ」、ミディアム・ゲージより更に太い「ヘヴィ・ゲージ」などがありますが、その太さのゲージを使わなければいけない理由が無い限りエレキギターではあまり使われません。



 「ダダリオとアーニーボール」

最後にエレキギターの弦を代表する2つのメーカーの弦を紹介します!

どちらのメーカーも世界中のギタリストが愛用している定番のギター弦です。
値段もそれほどかわらないので自分の好みに合う方を選んでみると良いでしょう。

私はどちらの弦も長い間使っていましたが、アーニーボールの方が音の輪郭がはっきりしていてサウンドも好みですね。エレキギターとの相性もあるのかもしれませんが・・・。

もし、ご購入されるのならエクストラ・ライトかスーパー・ライトの細めの弦をお勧めします!

ダダリオのエレキギター弦!お勧めの細い弦は左の2個
border1.png


アーニーボールのエレキギター弦!左の2個の細い弦がお勧めです!
border1.png


dotted.gif


弦をコーティングして従来の弦よりサビにくくなっている「エリクサー」の弦もお勧めです!

「エレキギター簡単メンテナンス」に戻る 前に戻る

管理人について

自画像
プロフィール

 

bar001

 人気ページランキング

エレキギター弾き方講座
エレキギターとアンプの接続方法
初心者におすすめの練習曲
TAB譜の読み方
エレキギター入門講座 ブリッジ・ミュート
簡単メンテナンス フレットの磨き方
ピックの持ち方
エレキギターの持ち方
漫画で覚えるエレキギター
10 簡単メンテナンス シールドの正しい巻き方
最終更新日 2013/07/10

bar001
 あると便利なアイテム


超小型チューナー!画面がオレンジに光るので、薄暗いライヴの演奏中でも大活躍間違いなし!


弦のサビの進行を遅らせる効果とクリーナー、潤滑剤の役割もあるスグレモノ!半年は持ちます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。