誰でも弾ける!エレキギター入門講座 ~初心者でもわかりやすい、ギター講座~

自分に合ったエレキギターの選び方から写真を使ったわかりやすい演奏講座まで、ギター初心者の方をサポートします!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピックアップセレクター


ピックアップは一本のギターに1~3個搭載されていますが、全てのピックアップで同時に音を拾っている訳ではありません。

この項目で解説する「ピックアップセレクター」で、どこのピックアップから音を拾うか選択する事が出来ます。

ピックアップの外見は全く同じでも、選ぶピックアップを変えることによって様々な音を出す事が出来ます!



  「ピックアップセレクターは3~5段階に切り替え可能」

3段階か5段階に切り替えの出来るものが一般的ですが、中には2段階や6段階に切り替えできるピックアップセレクター(以下セレクター)も存在します。
(セレクター以外にも、スイッチやセレクトスイッチと呼ばれたりもします)

前の項目でも書きましたが、ブリッジに一番近い位置にあるピックアップを「リア・ピックアップ」、ネックに一番近い位置にあるピックアップを「フロント・ピックアップ」と呼びます。

ギター講座TAB譜左の写真は私が使用しているエレキギターのセレクターです。

セレクターを見ただけでは何段階に切り替えする事が出来るかは判断しにくいんですが、「ピックアップの数」でセレクターの種類を判断する事が出来ます。

ちなみに、このセレクターは5段階に切り替え可能です!





  「ピックアップが2つの場合」

ピックアップが2つ搭載されている代表的なギターは、レスポール・タイプのギターと、テレキャスター・タイプのギターです。

セレクター レスポール・タイプのギターや、テレキャスター・タイプのギターのピックアップの配列は左の写真のようになります。(もちろん例外もあります)

ピックアップが2つ搭載されているギターのセレクターは”3段階(3way)”に切り替える事が出来ます。
そのため、3wayセレクターと呼ばれたりもします。




では、セレクターを切り替えるとどこのピックアップで音を拾うのか見てみましょう!

セレクター セレクターをヘッド寄り(レスポールでは手前)に倒すと、ネック寄りのフロント・ピックアップから音を拾います。

フロント・ピックアップは、甘く太い音が出るので、単音で弾くギターソロなどはこのポジションで演奏する場合が多いです。





ピックアップ・セレクター セレクターをブリッジ寄り(レスポールでは奥)に倒すと、ブリッジ寄りのリア・ピックアップから音を拾います。

リア・ピックアップは硬く鋭い音が出るので、ギターソロよりバッキングやリフを演奏するときに使用される場合が多いです。





ピックアップ・セレクター セレクターを真ん中にすると、フロント・ピックアップ、リア・ピックアップ両方から音を拾います。

両方のピックアップから音を拾うことから、フロントとリアのハーフトーンと呼ばれたりしてます。








  「ピックアップが3つの場合」

ピックアップが3つ搭載されている代表的なギターは、ストラトキャスター・タイプのギターです。

セレクター 写真の右下辺りにあるのが、セレクターです。

ピックアップが3つ搭載されているギターのセレクターは”5段階(5way)”に切り替える事が出来ます。
そのため、5wayセレクターと呼ばれたりもします。





セレクター セレクターをヘッド寄りに倒すと、ネック寄りのフロント・ピックアップから音を拾います。

フロント・ピックアップは、甘く太い音が出るので、レスポールと同じく単音で弾くギターソロなどはこのポジションで演奏する場合が多いです。




ピックアップ・セレクター セレクターをヘッドよりのポジションから1つずらすと、フロント・ピックアップ、センター・ピックアップの両方から音を拾います。

複数のピックアップから音を拾うことから、フロントとセンターのハーフトーンと呼びます。





ピックアップ・セレクター セレクターを真ん中にすると、真ん中のセンター・ピックアップから音を拾います。

センターピックアップは歯切れがよく高音域に特徴がある音なので、コードで演奏するときなど、リア・ピックアップより繊細な音が欲しいときに使用します。




ピックアップ・セレクター セレクターを真ん中から1つずらすとすると、センター・ピックアップ、リア・ピックアップ両方から音を拾います。

複数のピックアップから音を拾うことから、センターととリアのハーフトーンと呼びます。





ピックアップ・セレクター セレクターをブリッジ寄りに倒すと、ブリッジ寄りのリア・ピックアップから音を拾います。

リア・ピックアップは硬く鋭い音が出るので、ギターソロよりバッキングやリフを演奏するときに使用される場合が多いです。







コチラの動画をご覧下さい。

最初はリア・ピックアップで演奏して、次にセンター・ピックアップ、次にフロント・ピックアップ、そしてまたセンター・ピックアップで演奏しています。
セレクターで使用するピックアップを変更するだけで、このように音色を変えることが出来ます。

スポンサードリンク
ピックアップの解体新書!
border1.png

dotted.gif

「自分に合うエレキギターの買い方」に戻る back

管理人について

自画像
プロフィール

管理人もう1つの顔?!
練馬区江古田駅徒歩2分!
楽器の買取と中古販売店!
「GARAGE STORE」

 

bar001

 人気ページランキング

エレキギター弾き方講座
エレキギターとアンプの接続方法
初心者におすすめの練習曲
TAB譜の読み方
エレキギター入門講座 ブリッジ・ミュート
簡単メンテナンス フレットの磨き方
ピックの持ち方
エレキギターの持ち方
漫画で覚えるエレキギター
10 簡単メンテナンス シールドの正しい巻き方
最終更新日 2013/07/10

bar001
 あると便利なアイテム


超小型チューナー!画面がオレンジに光るので、薄暗いライヴの演奏中でも大活躍間違いなし!


弦のサビの進行を遅らせる効果とクリーナー、潤滑剤の役割もあるスグレモノ!半年は持ちます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。