誰でも弾ける!エレキギター入門講座 ~初心者でもわかりやすい、ギター講座~

自分に合ったエレキギターの選び方から写真を使ったわかりやすい演奏講座まで、ギター初心者の方をサポートします!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の演奏を録音・録画することの重要性

上達するために必要不可欠なのが自分の演奏を録音して、客観的に聞くということです。

自分では上手く演奏出来たと思っていても、録音して実際に聞いてみると「リズムが狂ってた」「ちゃんと音が出てい ない」「音が外れてた」「ビブラートが不安定」「チョーキングの音程が足りない」など様々な問題点が浮き彫りにな ってきます。

ここでは、ギターの音を録音する重要性について解説します!



 「客観的に聞くってどういうこと?」

客観的とは「特定の立場にとらわれず、物事を見たり考えたりするさま」を言います。

つまり、自分の演奏を自分目線ではなく相手の目線で聞くことにより、今まで見えなかった問題点を発掘しましょう。ということです!

自分の声を始めて録音したときは「あれ?自分の声ってこんな声だったんだ」と思った方も少なくはないのでしょうか。ギターもそれと全く一緒で、「あれ、俺の自分の演奏ってこんなに雑だったんだ」「思ってたより弾けてなかった」などと感じる場合が非常に多くあります。

ですが、録音した音が自分の実力であることに変わりはありません。

話は変わりますが、皆さんは「PDCAサイクル」という言葉をご存じでしょうか?




 「ギター練習時における”PDCAサイクル”の活用方法!」

会社や店舗の経営に携わると間違いなく聞くことになる「PDCAサイクル」という言葉。

PDCAサイクル(ピーディーシーエー - 、PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)は、事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。Plan(計画・仮説)→ Do(実行・実践)→ Check(評価・検証)→ Act(改善)の 4 段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する。※一部wikipedia参照

「計画⇒実行⇒評価⇒改善」のサイクルを繰り返すことによって、問題点を解決し業務(ギター練習)をスムーズに行う手法です。

そのやり方を簡単にご紹介します。

1、「計画」を立てる
最終的な目標でも、目の前にある目標でもなんでも構いません。

ここでは例としてDEEP PURPLE / Smoke On the Water を音源と同じように弾けることを目標(計画)にします。

DeepPurple / smoke on the water


2、計画を「実践」する

実際にSmoke On the Water の曲を練習して、どれだけ弾けるか試します。
もちろん全く練習しないで演奏できるほど簡単な曲ではないため、楽譜を買って自分なりに一生懸命練習します。

そして、自分の演奏を録音・録画します。
※録音の仕方については別の項目で解説します!










3、実践した結果を「評価(検証)」する
録音した演奏を客観的な立場で聞き、問題点を発掘します。
上にあるSmoke On the Water の音源を100点とすると、録音した演奏は何点なのか。100点にするには何をどうすればいいのか、を具体的に検証します。

「ソロが全く弾けてない」「ソロでの盛り上がりが足りない」「前半はダメだけど後半は良い」「リフが弾けてない」「ノイズが多い」「何を弾いてるのかわからない」「楽譜でわからないところがある」など…。
自分の演奏を客観的に聞くと色々な問題点が発掘できます。


4、評価・検証の結果を「改善」する
評価(検証)のときに、出てきた問題点をこの段階で改善します。

例えば「ソロが全く弾けてない」の項目に関して、何故ソロが弾けないのかを考えます。

・曲のテンポが速くて追いついていない⇒テンポを落として練習してみる
・ピッキングとフィンガリングのタイミングが合っていない(ちゃんと音が出ていない)⇒テンポを落として練習して みる
・ピックが他の弦に当たって色んな音が出て、何を弾いてるのかわからない⇒ピックの持ち方や、ピックそのものを変 えてみる
・今使っているギターだと演奏しにくい、絶対に演奏出来ない箇所がある⇒新しいギターの購入を検討

「ソロでの盛り上がりが足りない」場合の改善策
・リフ、バッキング、ソロと音色が全部一緒⇒リフはリアPU、バッキングはセンターPU、ソロはフロントPUで演奏 してみる。エフェクターを使ってソロだけ音色を変えてみる。

「ノイズが多い」場合の改善策
・アンプで音を歪ませすぎている⇒少しだけ歪みを下げてみる
・指がバタバタしすぎて、他の弦に当たってる⇒コンパクトに演奏出来るように、左手の基礎練習をやり直す
・ギターそのもののノイズが多い⇒新しいギターの購入を検討
・ピッキングする際に余計な弦まで弾いている⇒狙った弦だけを的確に弾けるようにテンポを落として正確に弾く練習 をする
・弾かない弦のミュートが出来ていない⇒右手の手刀部分、左手の指の使い方を見直す


などなど。
その項目の問題点と改善案を挙げることによって「次はこれを練習しよう」という、新たな目標が出来ます。
この目標こそが次のPDCAサイクルの”計画”に当たる部分です。

あとは、100点の演奏になるまで同じこと(計画⇒実践⇒評価⇒改善)の繰り返しです。

上記の方法をうまく活用できると、何を練習したらいいのかわからない状態で闇雲に練習するより、少しづつではありますが確実に上達して行きます。

そして、1つのサイクルが終わった後に一回前に録音した音源聴き比べてみて下さい。
その成長に自分が一番驚くと思います。

自分では成長していると感じなくても、自分が過去に演奏した音源と比べる事によって、成長がはっきりとわかるようになります。

check.png ちゃんと演奏出来た部分も、「なんでここは演奏出来たんだろう」と疑問を持つと、上達への手がかりが見つかるかもしれません。


入門用におすすめの教則本!売れ筋上位10冊はこれだ!!


dotted.gif

「エレキギター入門講座トップへ」 前に戻る

管理人について

自画像
プロフィール

管理人もう1つの顔?!
練馬区江古田駅徒歩2分!
楽器の買取と中古販売店!
「GARAGE STORE」

 

bar001

 人気ページランキング

エレキギター弾き方講座
エレキギターとアンプの接続方法
初心者におすすめの練習曲
TAB譜の読み方
エレキギター入門講座 ブリッジ・ミュート
簡単メンテナンス フレットの磨き方
ピックの持ち方
エレキギターの持ち方
漫画で覚えるエレキギター
10 簡単メンテナンス シールドの正しい巻き方
最終更新日 2013/07/10

bar001
 あると便利なアイテム


超小型チューナー!画面がオレンジに光るので、薄暗いライヴの演奏中でも大活躍間違いなし!


弦のサビの進行を遅らせる効果とクリーナー、潤滑剤の役割もあるスグレモノ!半年は持ちます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。