誰でも弾ける!エレキギター入門講座 ~初心者でもわかりやすい、ギター講座~

自分に合ったエレキギターの選び方から写真を使ったわかりやすい演奏講座まで、ギター初心者の方をサポートします!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

録音するための様々な機材

では、実際にギターの音を録音してみましょう!!

…と言いたいところなんですが、
録音する機材がなければ、もちろん録音なんて出来ません。

ここでは、「録音するための様々な機材」をご紹介します!



 「ICレコーダー(ボイスレコーダー)」

会議の音声などを録音する際に作られたものですが、高機能・高音質・低価格化によりギターやバンドの演奏を録音しても問題の無いものが多く販売されて います。

また、録音するまでの手順が簡単で持ち運びが容易なことから、外出先で良いフレーズが思いついたときや、気軽に録音したいときに便利な商品です。


■ TEAC TASCAM DR-05
本体中央付近にある「録音」のボタンを押すだけで、簡単に高音質サウンドでの録音が出来ます。
高音質だからこそ、細かいところの演奏の荒までわかるスグレモノ。お手頃な価格設定も人気商品となった理由のひとつ!

TEAC TASCAM リニアPCM/ICレコーダー DR-05
ティアック (2010-03-20)
売り上げランキング: 434

ICレコーダー(ボイスレコーダー)は、こんなときにオススメ!
・自分の演奏を簡単に録音したい
・気軽に持ち運び使いたい
・思いついたときにすぐ録音したい

ギターの録音におすすめ!ICレコーダー売上トップ10はこれだ!




 「MTR(マルチ・トラック・レコーダー)」

8トラックや16トラックなどのトラック数に応じた分だけ録音が可能で、各パートごとに録音するため、録音後の音量調整なども簡単に行えます。

MTRの中にはドラムやベースの音源が入っているものもあり、それぞれのパートを作成すればMTRだけでの作曲はもちろん、ギターの重ね録りや自分の歌も録音できます。

最近販売されているMTRは、電池駆動+小型のものが多いため持ち運びに優れ、ボイスレコーダー以上に高音質・多機能!その分、ボイスレコーダーよりは金額的に高くなります。


■ BOSS DR-80
チューナーや録音などの、基本的な機能はもちろん完備。
内蔵されているエフェクトを使用すれば、アコースティックギターのようなクリーンサウンドからロックなドライヴサウンド、ヘヴィメタルやV系などにも使用できるメタルサウンドまで、幅広いサウンドで演奏することが出来ます。

更に、内蔵されている既存曲に合わせてのセッションも可能!まさに至れり尽くせりなコンパクトMTRです!
電池でも駆動するため、持ち運びも簡単!

Digital Recorder BR-80
Digital Recorder BR-80
posted with amazlet at 13.07.06
ローランド (2011-06-24)
売り上げランキング: 385

MTR(マルチトラックレコーダー)は、こんなときにオススメ!
・気軽に持ち運び使いたい
・複数のパートを個別に録音したい
・簡単なデモ曲を作りたい

ギターの録音におすすめ!MTR売上トップ10はこれだ!





 「DAW(デジタルオーディオワークステーション)」


パソコンを使用して録音する際に使用するソフトウェア。
DAWを使用する場合は、ギターの音(アナログ信号)をデジタル信号に変換する「オーディオインターフェイス」が別途必要。

他にの方法と比べると初期費用が一番かかり、覚えなければいけない操作が多く非常に厄介ですが、最高音質での録音・編集が可能です。

使い方次第では、プロ並みの音質での出力が可能。
パソコンとインターフェイスを持って行けば、練習スタジオでの本格レコーディングも可能!


■ レコーディングスターターセット【TASCAM US-122MKII】
パソコンにギターの音を入力する際や、スカイプ、ネット動画配信にも使用可能!

スターターセットと言う名の通り、インターフェイスやDAWソフト「Cubase LE5」の同梱はもちろん、マイクや各種ケーブルなどが全てセットに入っています。本格的に録音したい方の入門レコーディングセットにお勧め!低価格かつ高品質!



DAW(デジタルワークステーション)は、こんなときにオススメ!
・家でじっくり録音、編集作業をしたい
・予算には余裕があるので、出来るだけ高音質で録音したい
・ギターの録音からCD作成まで1つのソフトでやりたい
・ドラムやベースのパートを自分で作りたい
・曲に合わせて、自分の演奏を重ねて録音したい
・楽曲のテンポや音程を変えて録音したい

ギターの録音におすすめ!DAWソフト売上トップ10はこれだ!



 「DAW(フリーソフト)」

上記で紹介したDAW(デジタルオーディオワークステーション)には、無料で配布されているものがあります。
もちろん、製品版と比較すると機能的には劣るのですが、録音するだけなら、有料だろうが無料だろうがあまり大きな違いはありません。

ギターの音をパソコンに取り込むために必要な「オーディオインターフェイス」を使用して、高品位なサウンドでの録音も可能ですが、ギターアンプのヘッドフォン端子とパソコンのマイク端子を接続して簡易的に録音することも出来ます。

手軽かつ、低コストで出来る録音方法です。

DAW(フリーソフト)は、こんなときにオススメ!
・出来るだけ出費を抑えて録音したい
・音質はあまり気にしないので、今ある機材だけで録音したい
・曲に合わせて、自分の演奏を重ねて録音したい



 「最終的に自分は何をしたいのか考える」

…と、色々ご紹介してきましたが、自分に合いそうな機材は見つかりましたでしょうか?

一番最初は投資に失敗しない「フリーのDAWソフト」での録音をお勧めしますが、「会社の会議でも使いたいからICレコーダーにする」「バンドでデモ曲作りたいから、勉強を兼ねてMTRにする」「練習時の録音だけじゃなくて曲も作りたいし、アレンジもしてみたいからDAWとインターフェイスを買う」など、ギター以外のところでも活躍できる機材を購入するのもアリかもしれません。

ちなみに私は、一番最初にEDIROLのUA-101というオーディオインターフェイスを買いました。左の青いヤツです。
(販売当時は8万円くらいしました…)

この製品には、SONARというDAWソフトの廉価版「SONAR LE」が同梱されており、ギターサウンドの録音はもちろん、波形での編集やベースやドラムパートの作成、CDの作成など…音楽制作する上で最低限の事が行えたため、今日現在に至るまでずっと使い続けてきました。

当時から私は、死ぬまでギターを弾き続けると確信を持っていたので、目につく一番高いインターフェイスを買った記憶があります。

下手に安いのを買って、何回も買い替えるのが嫌だったもので。

つまりですね、「最終的に、自分が何をしたいのか考えることが、機材選びに一番大事なこと」だと思います。
録音を通してやりたいことが「ギターの音を録音したい」「録音して客観的に聞きたい」「成長しているのか確認したいから、音源として残したい」などの理由なら、フリーソフトでも良いと思います。

ですが、「プロレベルの演奏が出来るようになりたい」「将来的には作曲や編曲も行いたい」など、明確な目標がある場合は、相応の機材が相応しいのではないかと私は思います。

入門用におすすめの教則本!売れ筋上位10冊はこれだ!!


dotted.gif

「自分の演奏を録音・録画することの重要性」 前に戻る

管理人について

自画像
プロフィール

管理人もう1つの顔?!
練馬区江古田駅徒歩2分!
楽器の買取と中古販売店!
「GARAGE STORE」

 

bar001

 人気ページランキング

エレキギター弾き方講座
エレキギターとアンプの接続方法
初心者におすすめの練習曲
TAB譜の読み方
エレキギター入門講座 ブリッジ・ミュート
簡単メンテナンス フレットの磨き方
ピックの持ち方
エレキギターの持ち方
漫画で覚えるエレキギター
10 簡単メンテナンス シールドの正しい巻き方
最終更新日 2013/07/10

bar001
 あると便利なアイテム


超小型チューナー!画面がオレンジに光るので、薄暗いライヴの演奏中でも大活躍間違いなし!


弦のサビの進行を遅らせる効果とクリーナー、潤滑剤の役割もあるスグレモノ!半年は持ちます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。