誰でも弾ける!エレキギター入門講座 ~初心者でもわかりやすい、ギター講座~

自分に合ったエレキギターの選び方から写真を使ったわかりやすい演奏講座まで、ギター初心者の方をサポートします!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストラトキャスター(Stratocaster)


各部名称(StratoCaster)
 「各部名称(StratoCaster)」

strato1.jpg


ボディの各部名称 ◎ネックの各部名称 ◎ヘッドの各部名称

ボディの各部名称【ボディの各部名称】

(1) ストラップピン(エンドピン)
立って演奏する際に必要になってくるストラップを取り付ける為のピンです。

激しい演奏をするとピンからストラップが外れ、エレキギターが落ちてくる場合もあるので、ロックピンという”絶対に落ちないストラップピン”も販売されています。
 [Amazonでロックピンを探す]

(2) ピックガード
ピックガードというその名の通り、ピックを使って演奏した際に”ボディに傷が付くのを防ぐ役割”を持っています。

様々な種類のピックガードが存在しており、ビスを外すだけで簡単に取り外しする事がが出来ます。

(3) ピックアップ
エレキギターの弦の振動を拾って、電気信号に変える”マイクのような役割”を持っています。

設置してあるポジションによりピックアップの呼び名が変わり、ネック側に近い順から「フロント(リズム)」「センター(ミドル)」「リア(トレブル)」と呼びます。
それぞれのピックアップで違う音色を出すことが出来ます。

「歯切れよく」「明るく」「透明感のある」”シングルコイル”と、正反対の、「音が太く」「暖かい」などの特徴を持つ”ハムバッキング(ハムバッカー)”の2種類があります。
ストラトキャスター・タイプのエレキギターには、基本的に”シングルコイル”のピックアップが3つ搭載されています。

(4) (トレモロ)アーム
エレキギターのブリッジのに位置を連続して変える事によって”ビブラート効果”が簡単に得れる装置です。

ストラトキャスター・タイプのエレキギターであれば、ほぼ確実に標準搭載されていますが、中にはアームが搭載されていないモデルもありますので要注意です。
ビブラート・ユニットにはチューニングが安定しないなどの欠点があるものの、他の奏法では実現できない効果が生まれるため、欠点以上の魅力があります。

(5) ピックアップ・セレクター
③で解説した複数個あるピックアップのうち、”どこのピックアップから音を拾うのか”を選択するスイッチです。
”セレクターやPUセレクター”と略す場合もあります。

ストラトキャスターは基本的に「5wayスイッチ(ファイブ・ウェイ・スイッチ)」と呼ばれている「5段階に切り替えが可能」なスイッチを搭載しています。

セレクター 「フロント・ピックアップのみ」
「フロント+センターの2つのトーン」
「センター・ピックアップのみ」
「センター+リアの2つのトーン」
「リア・ピックアップのみ」


上記5つのポジションから音を拾う事が出来ます。

(6) ボリュームコントロール
ボリュームの音量を調整するボリューム・ノブです。

0~10の目盛りがついており、音の大きさと共に”歪み具合”も変える事が出来ます。

(7) トーンコントロール
エレキギターの音質を調整するトーン・ノブです。

ストラトキャスター・タイプのエレキギターには基本的にトーン・ノブが”2つ”搭載されています。
1つは「フロント・ピックアップの音質を変えるノブ」で、もう一つが「センター・ピックアップの音質を変えるノブ」です。

目盛りは10に設定しておき”必要に応じて目盛りを減らしていく”ので、使わなければ目盛りは10のままにしておきましょう。

またコントロール・ノブは簡単に取り外す事ができ、安価な値段で購入する事が出来ます。
⇒ [Amazonでコントロール・ノブを探す]

(8) (アウトプット)ジャック ピックアップで拾った電気信号をアンプに送り出す為、”シールド”というケーブルを接続するジャックです。

(9) ブリッジ
弦の振動をボディに効率よく伝える役割を持っています。

ストラトキャスター・タイプのエレキギターに搭載されているブリッジは”シンクロナイズド・トレモロ・ユニット”と呼ばれ、ボディ裏に金属製の”ばね”が付いる特殊な構造をしています。
ばねの張力と弦の張力の2つの力の支点となり、バランスを取る手助けする役割も担っています。

また、④で説明した「アーム」を取り付ける事により、弦にビブラート効果を与える”アーミング奏法”をする事が出来ます。



ネックの各部名称【ネックの各部名称】

(1)ナット
弦が外れないように安定させる役割を持っています。

(2) ポジションマーク
別名”インレイ”とも呼ばれるもので、フレットの位置を視覚的に分かりやすくするために取り付けられたものです。
黒や白、箱型、星型・・・など、様々なデザインがあります。

ストラトキャスター・タイプのエレキギターは「点」の形のインレイになっているため”ドット・インレイ”と呼ばれたりしています。

(3) フレット
弦を押さえる位置により、音程を変化させる役割を持っています。

ボディの方に行くと「フレットの間隔が狭くなり音程が高く」、ヘッドの方に行くと「フレットの間隔が広くなり音程が低く」なります。

ヘッドの各部名称
【ヘッドの各部名称】

(1) ペグ
チューニングをする際に、弦を巻きつけて音程を変化させる役割を持っています。
”マシンヘッドや糸巻き”などと呼ばれる事もあります。

(2) ストリングガイド
上から弦を押さえつけるように取り付けてあり、ナットから弦が外れないようにする役割を持っています。
”テンション・ピンやテンション・ガイド”と呼ばれる事もあります。

”かもめ型”と呼ばれるかもめのような形状をしたものや、丸型のものなど様々な種類があります。

(3) トラスロッド
トラスロッドという”ネックの反り(曲がり)”を調整する金属の棒がネックの内部に入ってあります。

エレキギターのネックは木材で出来ており、気温や湿度で状態が変化します。
また、弦の張力が強すぎたりした場合でもネックが曲がってしまう場合があります。

そういった場合には「六角レンチ」を用いてトラスロッドを締めたり緩めたりして調節する事が出来ます。
ですが、素人が闇雲にトラスロッドを調整してしまうと、最悪の場合”ネックが折れる”という事もあるので、ネックが曲がってきたなと感じたら近くの楽器店まで足を運びましょう。



次のページでは、「テレキャスターの各部名称」について解説します!

「エレキギター入門講座 」に戻る back   back 「テレキャスターの各部名称」

管理人について

自画像
プロフィール

 

bar001

 人気ページランキング

エレキギター弾き方講座
エレキギターとアンプの接続方法
初心者におすすめの練習曲
TAB譜の読み方
エレキギター入門講座 ブリッジ・ミュート
簡単メンテナンス フレットの磨き方
ピックの持ち方
エレキギターの持ち方
漫画で覚えるエレキギター
10 簡単メンテナンス シールドの正しい巻き方
最終更新日 2013/07/10

bar001
 あると便利なアイテム


超小型チューナー!画面がオレンジに光るので、薄暗いライヴの演奏中でも大活躍間違いなし!


弦のサビの進行を遅らせる効果とクリーナー、潤滑剤の役割もあるスグレモノ!半年は持ちます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。