誰でも弾ける!エレキギター入門講座 ~初心者でもわかりやすい、ギター講座~
FC2ブログ

自分に合ったエレキギターの選び方から写真を使ったわかりやすい演奏講座まで、ギター初心者の方をサポートします!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレキギターとアンプの接続方法


「よし!ギターとアンプを買ったから早速練習するぞ!」
意気込んだのはいいものの、ギターとアンプの正しい接続の方法が分からない…。

間違った接続をしているとエレキギターやアンプの故障の原因になる事もあります。 買ったばかりのエレキギターやアンプを、いきなり修理に出す羽目にならないように、正しいエレキギターとアンプの接続の方法をみっちりと頭に叩き込んで下さい!


用意するもの
 「アンプで音を出すために、最低限必要なもの」

【エレキギター本体】
エレキギター本体がなければアンプがあっても音を出すことは出来ませんよ。
yajirusi 「ギターを買おう!」

【ギターアンプ】
エレキギターだけあっても「ペンペン」というエレキギター本体から出てくる音が聞こえるだけで、エレキギターらしい「ギュイイイーーン!」という音は出す事が出来ません!
そこで、必要になってくるのが今回の講座の内容にもなっているギターアンプです。
yajirusi 「使える!アンプの選び方」

【ギターシールド】
エレキギターとアンプを繋ぐケーブルです。
入門セットでエレキギターを購入した方はそのセットの中に付属していると思います。

もし持っていない方がいたら最寄りの楽器店へGO!

また、アンプの中にはエレキギターのジャックの部分に差し込むだけで使えるヘッドフォンアンプというものがあります。 夜間の練習やアンプやシールドを買うほど余裕が無いという方にお勧めです。

ギターのサウンドを聴くのには別途でヘッドフォンの購入が必要になってきます。

yajirusi ヘッドフォン・アンプ「VOX / amPlug Lead」(レビュー)



エレキギターとアンプの接続手順
 「エレキギターとアンプの接続手順」

では早速、アンプとエレキギターを接続してみましょう。
ここでは私の愛用しているフェンダーのアンプを使って解説していきます!

(1) エレキギターのボリュームを最小にする

まず一番最初にエレキギターのボリュームを最小にします。
(2) アンプのボリュームを最小にする

次にアンプのボリュームを最小にします。
(3) エレキギターのジャックにシールドを差し込む

エレキギターのボディの下の方にあるジャックにシールドを差し込みます。
よほど特殊なエレキギターでない限り、ジャックは1つしかありませんので、「カチッ」っと音がするまで差し込んで下さい。

ちゃんと奥まで差し込まないと”ノイズの原因”にもなってしまいます。
(4) アンプのINPUTにもう片方のシールドを差し込む

稀に「HIGH」と「LOW」の2種類のINPUTがあるアンプがあります。
そういったアンプの場合、”エフェクターを使っている、ギターに電池を入れるスペースがある”エレキギターは「LOW」に、それ以外のエレキギターは「HIGH」に差し込んで下さい。
頭に「?」が浮かんだ方は「HIGH」の方で大丈夫です!

INPUTが1つしかなければ、そのまま差し込んで下さい。
(5) ボリュームが最小なのを確認したら、アンプの電源を入れる

アンプの音量が上がっている状態で電源を入れると、「ボンッ」という大きなノイズがアンプから出て、故障の原因になることがあります。

”電源を入れたり切ったりするときは、ボリュームを最小にする”という事を覚えておいて下さい。
(6) アンプのボリュームを徐々に上げる

徐々に…とは言いましたが、ボリュームを最大まで上げちゃダメですよ!

この時点ではまだ音が出ないので、どのくらいの大きさになっているかはわかりませんが、目安として目盛りが3くらいの場所で止めておきましょう。
(7) ギターのボリュームを徐々に上げる

ここで初めて音が出てくると思います。
エレキギターのボリュームは基本的に最大にしたままで演奏するので、徐々に最大まで上げて下さい。

この段階で「音が小さい(大きい)な…。」と感じたら、アンプのボリュームを調整して音量を変えます。

check.png ここまでやっても音が出ない場合は、ボリューム以外の全ツマミを少し上げてみて下さい。
  中には、各ツマミの目盛りが最小だと”無音状態”として認識されるアンプがあります。
  全部のツマミを少し上げる事によって無音状態ではなくなるので、音を出すことが出来ます。

check.png 電源を切るときは、音を出すまでの手順を反対に行います。
  手順(7)から(1)の順番で行えば、アンプに負担をかけずに電源を切る事が出来ます。


シールドは差しっぱなしで大丈夫!
 「シールドは差しっぱなしで大丈夫」

ですが、長期間差しっぱなしにしていると「サビ」の原因になる場合があるので、定期的に「接点復活剤」などでのケアは必要になってきます。


スポンサードリンク
接点復活剤
border1.png






dotted.gif

次のページでは、「アンプの各部名称と役割」を解説します!

「エレキギター入門講座トップ」 back   back 「アンプの各部名称と役割」

管理人について

自画像
プロフィール

 

bar001

 人気ページランキング

エレキギター弾き方講座
エレキギターとアンプの接続方法
初心者におすすめの練習曲
TAB譜の読み方
エレキギター入門講座 ブリッジ・ミュート
簡単メンテナンス フレットの磨き方
ピックの持ち方
エレキギターの持ち方
漫画で覚えるエレキギター
10 簡単メンテナンス シールドの正しい巻き方
最終更新日 2013/07/10

bar001
 あると便利なアイテム


超小型チューナー!画面がオレンジに光るので、薄暗いライヴの演奏中でも大活躍間違いなし!


弦のサビの進行を遅らせる効果とクリーナー、潤滑剤の役割もあるスグレモノ!半年は持ちます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。