誰でも弾ける!エレキギター入門講座 ~初心者でもわかりやすい、ギター講座~

自分に合ったエレキギターの選び方から写真を使ったわかりやすい演奏講座まで、ギター初心者の方をサポートします!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレキギター入門講座 ブリッジ・ミュート

何やら、聞いたことがあるような無いような技法ですね。
エレキギターの「ブリッジ」の部分で行うミュートの技法なので”ブリッジ・ミュート”と呼ばれています。

今までに何回か”ミュート”という言葉を目にしてきたと思いますが、今回はちょっと違ったミュートをご紹介します!
では練習フレーズを交えながら”ブリッジ・ミュート”とはどんなものなのか、見て行きましょう。


 「ブリッジ・ミュート  練習フレーズ(1)」

練習フレーズ(1) 楽譜

P.M.と表示されている部分が”ブリッジ・ミュート”で演奏する部分です。
(ちなみに「P.M.」とは”パーム・ミュート”の略で、ブリッジ・ミュートと同じ意味になります)

ではこの楽譜を、ブリッジ・ミュートを使用して演奏するのと、ブリッジ・ミュートを使用しないで演奏するのでは、どのように違うのか聞き比べてみましょう

【ブリッジ・ミュートを使用しないで演奏】


【ブリッジ・ミュートを使用して演奏】


ブリッジ・ミュートを使用すると「アタック感が増したヘヴィな音」になり、聞いていて心地の良い重低音を得る事が出来ます。
また、”フレーズにメリハリを付ける”という意味でも、よく使われています。

エレキギターの音というのは、意図的に止めない限り基本的にずっと鳴りっぱなしです。
その状態で次から次へとフレーズを演奏すると、”色々な音が混ざって、汚く聞こえる”場合があります。
余計な音を出さない為にも、ミュートと共に是非マスターして下さい!

では、練習フレーズの解説に行きます!

【フィンガリングの解説】

練習フレーズを分解してみると、押さえ方は「パワーコード(1)の練習フレーズ(2)」と変わりありません。
楽譜だけを見ると結構難しいように見えますが、今までの練習フレーズを上手く演奏出来ていれば問題ありません!

「ちょっと怪しいかも…。」という方は、「パワーコード(1)」の講座内容を復習してみて下さい。
コツは”ドアノブを回すような感覚で、ポジションを移動する”です!

右手で同時にブリッジ・ミュートも行いますが、左手を使用しての「ミュート」も忘れずに行います。

【ピッキングの解説】

DSC02280.jpgブリッジ・ミュートをする場合は、右手の手刀をエレキギターのブリッジ付近の弦の上に乗せて演奏します。

この場合、右手の手刀部分がブリッジに近ければ近い程、効果的なサウンドを出すことが出来ます。

逆に、右手がブリッジから離れれば離れるほど効果が薄れ、エレキギターの音が殆ど出ない「ミュート」の状態になってしまいます。


DSC02287.jpg 実際に、ピックを持った右手の手刀部分を、ブリッジ付近に置くとこんな感じになります。

感覚としては、座っているときに、自分の膝の上に手を置くようなイメージが近い気がします。
決して力を入れずに、そっと乗せるようにブリッジ付近に手を置きます。

力を入れて置くのはNGですよ!
リラックス、りらーっくすです。

DSC02287.jpg そしてそのまま、手を寝かせるようにして倒すと、ブリッジ・ミュートのピッキング・フォームになります!

ピッキングするときは、指をくねくね動かしてピッキングするのではなく、”手首のスナップを利かせて、右手全体で弾く”ように意識すると、粒の揃った綺麗なサウンドを出す事が出来ます。




   ■スポンサードリンク



 「ブリッジ・ミュートのコツは、右手のフォームにあり!」


このフレーズで一番難しいところは、ブリッジ・ミュートを使用するフレーズとブリッジ・ミュートを使用しないフレーズが混ざっているところにあると思います。

以前の写真と見比べて頂ければ分かると思いますが、”ブリッジ・ミュートを使用してもしなくても、ピッキング・フォームに大差はありません”

「よし!ブリッジ・ミュートするぞ!」と意気込むあまり、ピッキング・フォームが崩れて、上手く演奏出来なくなっているのかもしれません。
上手くいかない場合はピッキング・フォームが崩れていないか…と言うところもチェックしてみましょう!

check.png 今回の練習フレーズでは、8部音符(一小節を8分割した長さの音符)を使用しているので、今までの練習フレーズに比べると、若干テンポが早く感じるかもしれません。
そういった場合は、無理にオリジナルのテンポに合わせるのではなく、”自分がミス無く弾けるテンポまで落として練習”するようにして下さい。

 練習にはこのメトロノーム(無料)がお勧めです。



 「難しい方はこのフレーズを練習してみましょう!」

練習フレーズ(2) 楽譜
【デモ演奏】


このフレーズも左手の押さえ方は変わりません。
右手でのブリッジ・ミュートの切り返しが出来れば、問題無く演奏出来るフレーズです!

check.png  ブリッジ・ミュートを使用しているフレーズを練習する!と意識するのではなく、”1小節目は1小節目、2小節目は2小節目…とばらばらで練習をして、最後にくっつける”ようにします。
どんなに難解なフレーズでも、「分解して練習」すると覚えやすくなります!


        お勧めの教則本
border1.png

dotted.gif

次のページでは、「ダブル・トーン」について解説します!

「パワーコード(2)」 back   back 「ダブル・トーン」

【関連記事】
◎ ピックの持ち方
◎ エレキギターの持ち方
◎ ピッキングの基本フォーム
◎ フィンガリングの基本フォーム

管理人について

自画像
プロフィール

管理人もう1つの顔?!
練馬区江古田駅徒歩2分!
楽器の買取と中古販売店!
「GARAGE STORE」

 

bar001

 人気ページランキング

エレキギター弾き方講座
エレキギターとアンプの接続方法
初心者におすすめの練習曲
TAB譜の読み方
エレキギター入門講座 ブリッジ・ミュート
簡単メンテナンス フレットの磨き方
ピックの持ち方
エレキギターの持ち方
漫画で覚えるエレキギター
10 簡単メンテナンス シールドの正しい巻き方
最終更新日 2013/07/10

bar001
 あると便利なアイテム


超小型チューナー!画面がオレンジに光るので、薄暗いライヴの演奏中でも大活躍間違いなし!


弦のサビの進行を遅らせる効果とクリーナー、潤滑剤の役割もあるスグレモノ!半年は持ちます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。