誰でも弾ける!エレキギター入門講座 ~初心者でもわかりやすい、ギター講座~

自分に合ったエレキギターの選び方から写真を使ったわかりやすい演奏講座まで、ギター初心者の方をサポートします!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレキギター入門講座 グリッサンド


スライドの次は、スライドの進化系のような奏法「グリッサンド」について解説します!

ベンチャーズを代表する「テケテケサウンド」も、このグリッサンドを有効活用しているテクニックです!
そこまで難しいフレーズではないので、チャレンジしてみてください。


グリッサンドレズ
 「グリッサンド」

前回の講座内容でもあった「スライド」と、ほぼ変わらないテクニックです。
ですが、弾き始めと弾き終わりの音がはっきりしないという点が、スライドと大きく違うところです。

kouza9001.png

【スライドを使用しないで演奏】


【スライドを使用して演奏】


始点の音が明確になっていないポジションから、音程を上げるテクニックを「グリス・アップ」と呼び、
終点の音が明確になっていないポジションまで、音程を下げるテクニックを「グリス・ダウン」と呼びます。

では、早速練習フレーズに行ってみましょう!

グリッサンド 練習フレーズ(1)
 「グリッサンド 練習フレーズ(1)」

目標テンポ♪=120
kouza9001.png
【デモ演奏】

DSC02536.jpg 【フィンガリングの解説】
まずは1小節目のグリス・アップから行ってみましょう!

弾き始めるポジションの指定はないので、5弦の1~3フレット辺りから弾き始めます。
もちろん4フレットでも5フレットでもOKです!

弾き始めのポジションの指定が無いだけなので、演奏自体はスライドと変わりありません。
DSC02536.jpg 弦を鳴らしたら、目標のポジションの「5弦7フレット」まで一気にスライドします。

1小節目の4拍目では「グリス・ダウン」を使用しています。
グリス・ダウンはスライドをしながら音程を下げるテクニックなので、5弦1フレット付近までスライドをして音程を下げます。
check.png 特定の場所でグリスダウンの音を止めたいときは、弦をフレットから離せば音を止めることができます。
指を離すのではなく、「指の力を抜く」ように意識すると、弦がフレットから離れて音を止めることが出来ます。

DSC02536.jpg 3小節目も同じように、3弦の1~3フレット辺りを押さえて・・・。

目標のポジションまで一気にスライドします。
DSC02536.jpg スライドやグリッサンドで長い距離を移動すると、ノイズが多くなってきます。

人差し指のお腹や親指を使用して、無駄なノイズが
出ないようにミュートも同時に行いましょう!
DSC02536.jpg 4小節目のグリッサンドは、始点も終点も決まっていない効果音的奏法です。

まずはナット付近のポジションで1、左手の親指と人差し指でネックをつまむように「4~6弦の3本の弦を」押さえます。

DSC02536.jpg そして一気に12フレット付近までグリス・アップ!
8フレットでも10フレットでもいいですよ!

これだけでも非常にクールなサウンドを出す事が出来ますが、
ここから更に「ナット付近のポジションまでグリス・ダウン」することによって、かっこよさ2倍のサウンドを出す事が出来ます。

ということで、1~3フレット辺りまでグリス・ダウン!
DSC02536.jpg 押さえる弦の数や移動する距離は、一切指定ありません。
自分で押さえやすい弦の数や、フレットの移動距離を探してみてください!

弦の数は多い方が、移動するフレットの距離は長い方が、効果的なサウンドを出す事が出来ます!

        ■スポンサードリンク

グリッサンド
 「グリッサンド 練習フレーズ(2)」

目標テンポ♪=120
kouza9003.png

     【デモ演奏】

メタル系のバッキングなどで出てきそうなフレーズです。
4~6弦を使用した大胆なグリッサンドでフレーズに突入します。

2小節目と3小節目の間にある「単音弾きのフレーズ」と、4小節目の6弦を使用した「大胆なグリス・アップのフレーズ」がポイントになってきます。

DSC02536.jpg 【フィンガリングの解説】
このフレーズは「クラシック式のフィンガリング・フォーム」で演奏した方が、ストレスなく演奏できます。

2小節目のフレーズはロック式だと多分指が届かないと思います。
正直なところ、私もロック式だとしんどいです。


DSC02536.jpg クラシック式のまま、目標のポジションまで移動します。

小節をまたぐ厄介なフレーズになっているので、リズムが狂わないように意識してください。


グリッサンドやスライドを使用するときは、なるべく指の力を抜きましょう。
力を入れているともちろん指が痛くなりますし、スムーズにフレット間を移動する事が出来ません。

弦の音が出る最小限の力で弦を押さえるようにした方が、スムーズに移動できてキレイな音を出す事が出来ます!

グリッサンド 練習フレーズ(3)
 「実はこのフレーズもグリッサンド」

ベンチャーズを代表とする、テケテケサウンドも実はグリッサンドを使用している奏法です。

6弦の15フレット付近から1フレットに移動しながら、ブリッジミュートで6弦をオルタネイト・ピッキングします。
グリッサンドを上手く利用した効果的なテクニックです!

【char先生が教えるベンチャーズ(ventures)テケテケ講座 】


           お勧めの商品
border1.png

dotted.gif

次のページではハンマーのように弦を叩きつけて音を出すテクニック
「ハンマリング・オン」について解説します!

「スライド」 back   次に進む 「ハンマリング・オン」


【関連記事】
◎ ピックの持ち方
◎ エレキギターの持ち方
◎ ピッキングの基本フォーム
◎ フィンガリングの基本フォーム

管理人について

自画像
プロフィール

管理人もう1つの顔?!
練馬区江古田駅徒歩2分!
楽器の買取と中古販売店!
「GARAGE STORE」

 

bar001

 人気ページランキング

エレキギター弾き方講座
エレキギターとアンプの接続方法
初心者におすすめの練習曲
TAB譜の読み方
エレキギター入門講座 ブリッジ・ミュート
簡単メンテナンス フレットの磨き方
ピックの持ち方
エレキギターの持ち方
漫画で覚えるエレキギター
10 簡単メンテナンス シールドの正しい巻き方
最終更新日 2013/07/10

bar001
 あると便利なアイテム


超小型チューナー!画面がオレンジに光るので、薄暗いライヴの演奏中でも大活躍間違いなし!


弦のサビの進行を遅らせる効果とクリーナー、潤滑剤の役割もあるスグレモノ!半年は持ちます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。