誰でも弾ける!エレキギター入門講座 ~初心者でもわかりやすい、ギター講座~

自分に合ったエレキギターの選び方から写真を使ったわかりやすい演奏講座まで、ギター初心者の方をサポートします!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡単メンテナンス 弦は毎回緩めた方が良い?


DSC02587.jpg 練習をしたらエレキギターの弦を緩めるか、それとも緩めないか・・・。

かなり前から議論されているテーマですが、未だに結論は出ていません。

ここでは、「エレキギターの弦を緩めた方が良いのか、緩めない方が良いのか」について解説します!



 「毎日練習するなら緩めない方が良い」

弦が引っ張る力は、通常にチューニングを行った状態で約70kgあると言われています。
エレキギターのネックの中には「トラスロッド」という鉄の棒が入っていて、弦の引っ張る力と逆の力が働いています。

その状態からエレキギターの弦だけ緩めると、トラスロッドの働く力のほうが強くなり、結果的にネックに負担がかかってしまいます。

「弦を緩めないとネックが反りそう・・・。」
という声が聞こえてきそうですが、弦を張った状態を考慮してエレキギターは設計されているので、弦を張っているだけでコンディションが変化するという事はまずありえません。

むしろ、頻繁に弦を緩めたり張ったりしている方が、ネックに負担がかかってしまいます。
毎日のようにエレキギターを使用しているのなら、弦は緩めない方が良いでしょう。


出来ればハードケースに保存しよう!
 「出来ればハードケースに保存しよう!」

湿度や温度の変化が少なくネックにあまり負担がかからないため、ギターの状態を保つのには「ハードケースに保存するのが一番」です。

ですが、練習の度にエレキギターを出し入れするのが面倒だったり、ハードケースに入れて保存すると場所を取ったりするのが難点です。

お勧めのハードケース
border1.png

dotted.gif

次のページでは「エレキギターの弦の交換時期」について解説します!

「エレキギター入門講座」 back     back 「エレキギターの弦の交換時期」

管理人について

自画像
プロフィール

 

bar001

 人気ページランキング

エレキギター弾き方講座
エレキギターとアンプの接続方法
初心者におすすめの練習曲
TAB譜の読み方
エレキギター入門講座 ブリッジ・ミュート
簡単メンテナンス フレットの磨き方
ピックの持ち方
エレキギターの持ち方
漫画で覚えるエレキギター
10 簡単メンテナンス シールドの正しい巻き方
最終更新日 2013/07/10

bar001
 あると便利なアイテム


超小型チューナー!画面がオレンジに光るので、薄暗いライヴの演奏中でも大活躍間違いなし!


弦のサビの進行を遅らせる効果とクリーナー、潤滑剤の役割もあるスグレモノ!半年は持ちます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。